2956円 インプレッサ パーツ インプレッサ デフフィラーボルト GD/GG系 H12/9-H14/10 リアデフ用 ZERO-SPORT(ゼロスポーツ) 0899002 車用品・バイク用品 車用品 パーツ 駆動系パーツ デファレンシャル 2956円 インプレッサ パーツ インプレッサ デフフィラーボルト GD/GG系 H12/9-H14/10 リアデフ用 ZERO-SPORT(ゼロスポーツ) 0899002 車用品・バイク用品 車用品 パーツ 駆動系パーツ デファレンシャル インプレッサ パーツ デフフィラーボルト GD GG系 評判 H12 ゼロスポーツ 10 リアデフ用 0899002 ZERO-SPORT 9-H14 hanako-hinata.com,2956円,0899002,車用品・バイク用品 , 車用品 , パーツ , 駆動系パーツ , デファレンシャル,インプレッサ,/anchietine35489.html,インプレッサ,リアデフ用,ZERO-SPORT(ゼロスポーツ),H12/9-H14/10,デフフィラーボルト,GD/GG系,パーツ hanako-hinata.com,2956円,0899002,車用品・バイク用品 , 車用品 , パーツ , 駆動系パーツ , デファレンシャル,インプレッサ,/anchietine35489.html,インプレッサ,リアデフ用,ZERO-SPORT(ゼロスポーツ),H12/9-H14/10,デフフィラーボルト,GD/GG系,パーツ インプレッサ パーツ デフフィラーボルト GD GG系 評判 H12 ゼロスポーツ 10 リアデフ用 0899002 ZERO-SPORT 9-H14

インプレッサ パーツ デフフィラーボルト GD GG系 評判 H12 ゼロスポーツ 10 蔵 リアデフ用 0899002 ZERO-SPORT 9-H14

インプレッサ パーツ インプレッサ デフフィラーボルト GD/GG系 H12/9-H14/10 リアデフ用 ZERO-SPORT(ゼロスポーツ) 0899002

2956円

インプレッサ パーツ インプレッサ デフフィラーボルト GD/GG系 H12/9-H14/10 リアデフ用 ZERO-SPORT(ゼロスポーツ) 0899002



品番: 0899002
車種: インプレッサ
型式: GD/GG系
年式: H12/9-H14/10
備考: A型-B型、ターボ
材質・素材: ジュラルミン
使用箇所: リアデフ
対応純正品番: 807025010
キット内容: デフフィラーボルトx1
※純正温度センサー装着車には非対応

本体にジュラルミン合金を使用することで軽量化を実現したフィラーボルト。ブルーアルマイト処理によりさりげないドレスアップにもつながる。ジュラルミンデフドレンボルトとのセットでトータルコーディネートが可能となる。

注意事項・納期
メーカー取寄商品のため在庫欠品の場合もございます。欠品の場合、納期1ヵ月以上となります。
ご注文後、お客様適合・御注文間違いによる返品・キャンセル・商品変更はお受けできませんので予めご了承下さい。
また、納期によるキャンセルは承れませんので、御注文前に必ず納期確認をお願い致します。
稀にメーカーより予告が無く廃盤となる場合がございます。その場合、代替品の提案または代替品を提案出来ない場合はご注文をキャンセルさせて頂く場合がございます。
適合年式に区切りが無い場合、マイナーチェンジ等により適合が異なる場合がございます。また、マイナーチェンジの前後月でも適合が異なる場合がございます。御注文前にメーカーホームページで最新の適合をご確認頂くか、弊社へお問い合わせ下さい。
商品到着時、検品後にご注文商品とお届け商品に相違が無いことをご確認のうえ、取付をお願いします。
取付後、商品加工後の返品・キャンセル・商品変更はお受けできませんのでご了承下さい。
商品不良を除き返品・キャンセル・商品変更はお受けできませんのでご了承下さい。
商品不良が発生した場合、工賃や迷惑料等、商品代以外を除く一切の金銭保証は出来かねます。
画像はイメージです。

インプレッサ パーツ インプレッサ デフフィラーボルト GD/GG系 H12/9-H14/10 リアデフ用 ZERO-SPORT(ゼロスポーツ) 0899002

2021年6月に理事長に就任いたしました山地憲治です。
RITEは1990年に設立され、昨年には設立30周年を迎えました。
この30年間で地球温暖化問題への取り組みは大きく展開してきました。
地球温暖化問題は今後大きな転換が想定されるエネルギー需給構造を踏まえて、SDGsにおける地球温暖化問題以外のゴール実現とのバランスを図りながら解決していく必要があります。脱炭素社会の実現は、環境技術のイノベーションだけでなく、デジタル技術を活用したソサエティ5.0のような社会イノベーションとの連携と合わせて展望が拓けると考えています。
イノベーションが拓くエネルギー・環境の新時代に向けて当機構も貢献してまいります。